東京都 昭島市 立川市 八王子市 武蔵野市 国分寺市 青梅市 日野市(23区外)のシニア向けリフォーム情報はひまわり3.net

介護リフォーム

お問い合わせ 0120-910-122
介護保険で改修工事

介護を念頭においたプラン

なぜ住宅の改修が必要なのか?

老人ホームに入居するから・・・
家族が面倒見てくれるだろうから・・・
今はまだ元気だから大丈夫。
そんな安易な考えは誰しもが心のどこかで抱いていることだと思います。
いざ必要になったとしても申請から入居までには時間がかかります。27年からは一層狭き門となっております。

重要性

介護・予防介護のための住宅改修事業について

誰にでも老化は訪れます。

足腰の衰え・目の衰え・反射神経の衰えなどのからだの不自由は、年齢とともに否が応でもやってくるものです。
また、普段から健康に気を付けていても急な疾病や怪我などによる手足の麻痺や視聴覚等の損失は突然襲ってくることもあります。

そんな時、住み慣れた住宅で少しでも自分で出来る事を増やして、いつまでも暮らすことが出来るように前もって準備が必要です。

住環境の整備を高めることは、福祉用具・介護用具が必要なのと同様でご本人の社会性を失わずにその先にあるご本人の生活や尊厳を守っていくには必要なこととなります.
また、実際に介護をされるご家族を代表とする介護者の皆さんの負担の軽減や効率性を高めてくれることとなり安心で安全な生活を送っていただけることでしょう。

老人ホームに入ろうとしたら?

現在、住宅に段差が多い、掴まるところが少ない、お風呂やトイレが狭くて通りずらい等は要介護者にとりましても介護者にとりましても双方に重要な問題です。

転ばぬ先の杖という言葉がありますが、いつそんな時が訪れてもあわてないよう。
ご本人やご家族の負担を軽減させるため、住宅介護にとりましては住宅改修は介護が必要になってからは基より必要になる前からの準備が執拗なことではないでしょうか。

都市部では、地代の高く新規に施設を増加しにくく、介護福祉老人ホームに入ることが難しい有料老人ホームの利用者も増加しておりますが利用料金も高く退職金や貯蓄、ご自分の年金だけでは払いきれずにご家族への負担も発生する次第です。

年金額の低下、少子化の解消もままならない現状で、いっそう在宅介護の必要性が増してきております。介護が初めてなご家族も多く、デイサービスや訪問介護等のケアマネージャーへ介護の相談や依頼されている方が殆どです。

ご本人様社会性、生活を保つためにも介護福祉住宅へ改修工事をご提案申し上げます。

介護の場合ベッドを使用、場合によっては車いすを利用されるかたもいらっしゃると思います。

立ち上がった時の安定感、車いす操作もスムーズになり画期的な生活をおくれるようになります。

畳の場合、立ち上がる際の安定感が車いすの操作もしにくい為ベッドでの生活時間が多くなりがちです。

介護を念頭にしたトイレ

和式便座ではしゃがむことも排出することも大変です。洋式便座に交換して手すりを付けて立ち座りがしやすく腰や膝への負担も軽減。リモコン式に変更もお勧めです。

家の中のどこでも設置可能な水洗トイレ!
どこでもトワレ

大掛かりな工事は不要♪

どこでもトワレポンプは、水廻り設備機器からの排水を汚水マスや排水管まで送り出します。
そのため汚水マスや排水管までの距離が長く、配管の勾配が取れないような場所でも水廻り設備機器を簡単に“増設”することが出来ます。

開き戸に交換スペースを広め

介護者とともに または車いすで出入りを容易に

介護保険を使用できるトイレのリフォーム

お問い合わせ 0120-910-122

PAGETOP
株式会社ミカジマ
Copyright © ひまわり3 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.